顔の角質ケア、どんな方法があるのか

日々、丁寧に洗っていても落としきれなかったありとあらゆる汚れ、あるいは剥がれ落ちなかった古い皮膚などが堆積したものが角質です。
全身に発生しうるこれですが、特に発生しやすい、そして発生すると目立ったトラブルが発生しやすいのが顔です。
顔に角質ができると、まずは化粧水などのスキンケア製品の浸透が悪くなってしまいます。
それによって肌不調が出てくる可能性があります。
また肌に余分なものが溜まってしまっているのでメイクのりも悪くなり、その余分なものは汚れなわけですから肌色が茶色く、くすんだようにもなってしまいます。
ですからこうした角質に対しては、角質ケアを行って定期的に除去していく必要があります。
顔の角質ケアの方法としては、まずはピーリングが挙げられます。
ピーリングは美容サロンなどでも施術として受けることができますが、その作用があるスキンケア製品などを使用して自分で行うことも可能です。
ポイントとしては、週に1~2回程度に留めておくこと、連続して行わないことが挙げられます。
また無駄毛剃り、シェービングにも角質ケアの意味合いがあります。
無駄毛もなくなって、更にくすみが取り払われる効果を期待することができます。
こちらのポイントとしては、肌を傷つけないようクリームなどを塗った上でシェービングすることが求められます。

顔を洗わない角質ケアとは

角質は、古くなってくるとニキビのもとになったり、くすみや黒ずみの原因にもなります。
ですから、角質ケアといえばとにかく角質をとる、剥がすというケアをする方が多いですね。
しかし、その逆で角質をとらない、顔を洗わない角質ケア方法もあるのです。
何のためにそんなことをするのかというと、角質を増やすことで肌バリアを強化し、雑菌や乾燥に負けない肌を作るためなのですね。
一般的に角質培養といわれる方法なのですが、基本的に洗顔は水かぬるま湯だけで行います。
洗顔料を使わないので、角質が取れずに毛穴に溜まっていきますね。
最初はニキビがひどくなったり、肌がごわごわと汚くなってしまう方がほとんどで、その段階で諦めてしまうことも多いです。
しかし、これを乗り越えると乾燥にも雑菌にも負けない肌が出来上がり、あまりケアをしなくても綺麗なお肌でいられるのですね。
角質培養中に、毛穴から黄色い棒状のものが飛び出てくることがあるのですが、これも無理に抜いたりせず、自然のままにしておきましょう。

Valuable information



2019/8/1 更新

Copyright(c)2015 ガサガサはサヨナラ All Rights Reserved.